[同回案内]  [TOP]  [INDEX]

★WGT 第3フェーズ第6回(通算第22回)【韓国料理】報告

●国  名:大韓民国

●開催店:アンニョン[大森]

●実施日:2003/05/28(水)

●参加者:7名(幹事:福田姉)

 様々な分野で日本に最も近しい国と言える韓国。されど感情的に必ずしもそうではないとも言える韓国。
 2002年のワールドカップを前後にして、日韓の関係はかなり改善されてきているとも思われますが、
韓国料理の回は、そんな上向きな状況に満を持しての開催。福田姉に実施いただきました。
アンニョン 今般は2ndテーマが必要な国でしたが、家庭料理+特注コースという内容で韓国家庭料理
アンニョンが選定されました。国内に数ある韓国料理店から選抜されたにしては、いま一つアピール度が弱いという気もしましたが、何度かやりとりをして良しとした結果です。

 そのコースを概観してみると、当初の予定通り、今般は家庭料理的側面が強いこともあって、焼肉屋的なメニューは無し。
 目ぼしい料理だけ挙げようと思いますが、まずは定番
キムチナムル、数種のチヂミ、そしてサムゲタン。なるほど家庭料理的な料理が並びましたね。あからさまに食べたぁ!というより、いつのまにかお腹一杯になっている印象が強かったと言えましょう。
 こんな事言っちゃなんなんですが、ふと気づくと、今回の参加者は最早焼肉バリバリと食すような年齢層ではなかったので、そういう意味からも合っていたと言えるかもしれません。ハハ。
 
チヂミは数種出てきましたが、個人的にはこんなに一気に食べたのは初めてでした。よくよく考えると、飲み会で数種のピザを食べているのと変わりがないとも言えますが、いろいろな味が楽しめて面白かったです。
 感動的だったのは
サムゲタン。薬膳料理のような味わいのスープと柔らかい鳥が美味でしたが、それは序章に過ぎず、その配合が秘密とされた塩をパラパラと振りかけて食べるとこれが最高の味に変わります。思わず「塩が上手い!」と発したほどでした。今回のメニューにおいて、個人的にはこれが一番でしたね。
 蛇足ながらドリンクにも触れておきます。
 思えば、韓国酒というのはあまり知られていない気がします。儒教の世界では、あまり公に飲まれないのでしょうか。
 出てきたものはワインライクのもの、ラオチュウライクのもの、どぶろくライクのもの(
マッコリ)。参加者の声からすると評価高という感じでは無かった気もしますが。
 またソフトドリンクも、甘酒のアルコール抜きのようなものが登場。夏の韓国では良く飲まれるようですが、あまり美味くはありませんでした。
 韓国は料理を楽しんだほうが良さそうです。

 冒頭にもあげましたが、韓国は日本とは歴史的にとても重要な国と言えます。
 決して自分が韓国通であったり、関心が強いというわけでもありませんが、もっと日本人に理解されても良い国なのだろうと思います。
 日本人の東洋への関心の低さ(観光という点は別にして)と、韓国人の戦後精算を求める声が両国の関係を疎遠にしていることは事実と言えましょう。
 WGTでのトークでも、思いの外面白い小ネタが転がり出てきて勉強になることも多かったのですが、韓国という深層へ達する話題に発展しなかったことも否定しがたいところ。
 韓国という国を知り、その交流を強めることは、日本という国が国際社会でより説得力のある活動をできるようになるためのスタートラインであるような気がします。あくまでも感覚的な根拠なので詳しくは語りませんけどね。
 この機を捕らえて、韓国という国の深層に多少なりとも近づいてみたいという意欲に結びつけられれば、WGTでの開催意義があったというものです。

 第23回は、岸野姉の幹事でインドネシア料理。
 第24回は、Toshがオーストラリア料理を演出させていただきます。
 今後のWGT、いずれの回も皆様奮ってご参加ください。

WGT主宰 Tosh

[同回案内]  [TOP]  [INDEX]