[同回報告]  [TOP]  [INDEX]

★WGT 第3フェーズ第6回(通算第22回)【韓国料理】案内

●国  名:大韓民国

●開催店:アンニョン[大森]

●幹   事:福田姉

●実施日:会員向け日程調整メールをご参照ください[会員受付(入退会)は適宜行っています]

WGT(World Gourmet Tour in Japan)会員各位

 こんにちは。福田です。
 WGT22の対象料理は
韓国料理です。

 Wカップ、そして草g剛くんの活躍も手伝って、今ちょっとした韓国ブームです。
 しかし日本から距離的には一番近い外国であるのに、実感としてはまだまだ遠い国の気がしませんか?

 そんな韓国をもっと身近に感じてもらおうと、今回は家庭料理のお店を選んでみました。
 家庭料理と言えども味の方は侮るなかれ、実に繊細で多彩です。
 お店の方はきっぱり「
家庭料理は宮廷料理よりずっとおいしい!」とおっしゃいます。
 そのこだわりの味を堪能すべく、当日はWGTのために特別コースを用意してくださいます。
 また、オモニとのちょっとした会話も期待できそうです。

店名:「アンニョン」
場所:東京都大田区大森北1-11-11
電話:03-3764-5050
場所:http://gourmet.livedoor.com/restaurant/12721/map/

 沢山のご参加をお待ちしております。

 WGT第22回のご案内を差し上げます。
 今回は、福田姉に2ndテーマを有して、
韓国料理を担当いただきます。
 この国が選定されることを知って、ちょっとホームページを泳いでみましたが、韓国料理はメジャーだなぁって思いつつも、大きな売りという視点から見るとなんかいま一つという感じも否めません。
 韓国料理=
焼肉とすると今更って感じですし、キムチだけじゃ所詮漬け物と思わなくもないし、じゃあとばかりにビビンパクッパだと昼食での開催になりそうだし、チゲだと季節外れ、単に家庭料理の店なんて言ったら一側面しか楽しめない気もします。
 もしかすると、割りと日本料理に近いところもあるからなのかしら? あまりにも日本の生活に身近すぎて馴染み過ぎ?
 メジャーなメニューが並ぶのに、いざ韓国を包括する「らしさ」を彷彿とさせる店を探すとなると、これは!というトピックが無いという印象が否めません。まあ、それだけあれば充分でしょ、というご意見もありましょうが、ここは是非The韓国料理という店で開催したいと思うのもWGTの切なる願いなのです。
 結果、その辺りの気持ちを察していただき決定されたお店は…。
 実際その選定は難しかったのですが、事務局も含めて調整をさせていただき、2ndテーマとしては、「
WGT用特別コース」ということに落ち着きました。
 幹事殿がお店に掛け合ってくれたのだろうと察しますが、WGTにふさわしい料理が並ぶことを期待したいと思います。

 さて韓国は、昨今サッカーワールドカップにあやかって、これまでに増して親近感が強まっている国と言えます。
 ついこの間まで、
戦後処理が済んでいないと、何かにつけて突っかかってくるイメージが強い国でしたが、若い世代を中心に、これからは前向きに協力し合って行こう、という風潮も高まっているようですし、政治的にも対北朝鮮への呉越同舟的協力体制もあり、この後の国交関係が楽しみです。
 以前の案内にも書きましたが、個人的にはいつまでもアメリカのお尻ばかり追いかけているのは止めて、政治経済的にも文化的にもアジア共同体を確立した方が良いと考えているので、この点からも良いと思ったりするわけです。
 また、これまでは韓国側が日本に追いつけ追い越せという図式ばかりでしたが、不景気を短期間で改善した経済復興策など、現代では日本が見習う点も少なからずあることも謙虚に感じなくてはいけないでしょう。
 仲良くもあり、そして良きライバルとして、互いに切磋琢磨していける関係になれれば良いですね。
 私が特に韓国贔屓ということではありませんが、古来日本と朝鮮半島の蜜月は歴史に明らかな点でもあります。そんないにしえの友好関係を現代に復活させて、自国に世界にどう貢献できるのか、我々で模索してみるのも面白いと思います。

 出欠連絡をお願いします。

 食を楽しみ、文化を楽しむ。日本にいながら世界旅行。
 文化を食して、異国の空気を感じましょう。
 美食に幸あれ!

WGT事務局 Tosh

★参加表明返信はこちらからどうぞ

[同回報告]  [TOP]  [INDEX]