[TOP]   [INDEX]

WGT(World Gourmet Tour in Japan)会則
(2001.03.11第 一号)
(2001.05.19第 二号)
(2001.07.25第 三号)
(2001.09.27第 四号)
(2002.04.30第 五号)
(2002.06.01第 六号)
(2005.06.22第 七号)
(2005.06.22第 七号)
(2005.09.07第 八号) 幹事不良時の罰金運用改定 第7条第2項D補足3
(2007.01.22第 九号) ゲスト参加の運用改定 第6条第10項

(2009.04.12第 十号) 幹事不良時の罰金運用改定 第7条第2項D補足3 & 各条項整備
(2009.05.12第十一号) 参加者の参加条件明示に関わる項目追加 第6条第11項
                幹事企画立案の整備 第7条2項C
(2016.02.01第十二号) WGT2実施に伴う全面見直し改定 & 各条項の運営実態に即した整備 & WGT-EXTRAの条文化 第9条

●[第1条]イベント名称
  世界味紀行 World Gourmet Tour in Japan 通称 WGT1
(旧WGT)
  世界味紀行 World Gourmet Tour in Japan 通称 WGT2 (WGTの二周目)

●[第2条]事務局
  事務局長 Tosh

●[第3条]趣旨
  ○世界の国々、それぞれの国の特徴的な料理を順番に食してみようという企画です。
    大義名分   
食を通して異国文化を探求してみよう。
    ホントのところ
ただの食いしん坊?(…にならないようにね!)

●[第4条]参加資格
  ○食べるの好きな人
  ○異国文化に興味のある人
  ○食に金を惜しまない人
  ○積極的に参加してくれる人

●[第5条]入退会
  [第1項]
入会
   入会は随時の表明にて可能。
   メーリングリストに追加され次回イベントから参加できます。
  [第2項]
退会
   退会は随時の表明にて可能。
   参加状況が好ましく無い方は事務局判断で退会いただきます。
   メーリングリストから削除され、次回以降の案内がいかないことになります。
  [第3項]
再入会
   退会後の再入会はこれまた随時の表明にて可能です。
  [第4項]
永久退会
   幹事対応の不良が顕著な場合は、永久退会いただき再入会をご遠慮いただきます。
   当日無断欠席するなど活動姿勢が不良な場合には、永久退会いただき再入会をご遠慮いただきます。

●[第6条]運営方法
  [第1項]
   世界の国々、それぞれの国の特徴的な料理を順番に食してみようという企画です。
  [第2項]
   国内にある"何々国料理の店"を食べ歩くことで実現していきます。
  [第3項]
幹事人選1
   幹事は会員全員の間で持ち回りします。
  [第4項]
幹事人選2
   幹事は基本的にはその会の出席者の中から選任されます。
   但し、回数を増して皆が担当済であれば欠席者から選任される場合もあります。
  [第5項]
幹事人選3
   幹事指名は原則断れません。
   幹事としての対応が悪い場合は永久退会いただき再入会もご遠慮いただきます。
  [第6項]
   企画(対象国選択)→開催→次々回開催幹事決定(自薦、他薦、指名)→企画(対象国選択)。
   上記の繰り返しで運営されます。
  [第7項]
対象国1
   選択対象国はフリーではありません。
    @選択対象国は、特定のテーマに則して作成される「フェーズ」対象国、
もしくは旧フェーズの未実施国の中から決定されます。
      原則として「フェーズ」内の国を網羅した後次フェーズに移ります。
    A実施終了国は今回フェーズの対象国からは外されます。
    B「フェーズ」はテーマ応募を行い、最終的に事務局の主観で決定されます。
    CWGT2フェーズにおいて、WGT1未実施国の開催を実現された幹事殿は当該回の参加費を免除します。
  [第8項]対象国2
   企画時、幹事は提示されたフェーズ内から対象国を選択します。
   既に実施済の国は選択不可です。
   但し、WGT1とWGT2の跨りにおける制限は適用外とします。
  [第9項]対象国3
   
該当国の店がどうしても見つからない場合があるかと思います。
   事務局がサポートしてもフォローできない場合は次フェーズに移ることにします。
    @次フェーズテーマは、会員を対象者として適宜募集を行います。
    A次フェーズテーマは、応募ネタから事務局の独断と偏見で決定されます。
      (厳密には前フェーズ、対象国数などを勘案)
    B決定されたフェーズテーマ応募者には、当該フェーズ第一回の参加費を事務局が負担します。
      (精度によって減額の場合有り)
  [第10項]ゲスト参加
   ゲスト参加は、ゲスト一名につき一回のみ可能とします。
   但し、開催国についてのテーブルトークに参加できるよう蘊蓄を整理してください。
   ゲスト参加者は幹事指名を受けることはありません。また、出席回数もカウントされません。
   二回目の参加以降、自動的に入会扱いとします。
また、遡ってゲスト参加会も出席回数としてカウントされます。
   当条項は、一回目から会員になることを妨げるものではありません。
  [第11項]
参加表明
   各回の参加希望者は開催案内に対し必ず出席連絡願います。
   返答が無い方は欠席とみなし最終案内はなされません。
   参加者は、必要に応じて参加表明時に、リクエストを提示することができます。
   リクエストは、会食・交通・宿泊・オプションプランなど想定される全ての事項に対して可能です。
   特にリクエストの明示がない場合は、原則として幹事の企画に準ずる意思と見做します。

  [第12項]
参加費
   入会金は不要です。
   当日の会食費や実費のみ必要になります。会食費は、原則飲食量に関わらず頭割です。
   出席表明をされた方が急に欠席された場合、かつお店より費用請求された場合は本人負担とします。
   事務局、もしくは幹事等が止む得ないと判断した場合は、その限りではありません。
   判断者が負担します。
    @考慮事情例 :ご不幸、当日の体調不良など[注:考慮=参加費免除ではありません]
    A非考慮事情例:参加表明後の無断欠席、諸理由に伴う土壇キャン(仕事、遅刻、別用等)など
  [第13項]
間接参加
   会報(ご案内)のREAD ONLY参加も可とします。
   その旨ご明示願います。
原則幹事指名はありませんが、指名された場合は拒否可能です。

●[第7条]幹事の作業手順
  [第1項]
幹事の決定
    @幹事は前々回イベント開催時に決定されます。
    A幹事は、自発的な明示、他者による推薦、事務局からの指名のいずれかで決定します。
      (見つけやすい国の時に自ら手を挙げるのが賢いやりかたですね)
  [第2項]
企画立案
    @「●[第8条]店を選ぶ際の条件」を参考に企画を立てます。
    A会を盛り上げるために、ちょっとした豆知識など勉強していただけると良いかと思います。
    B店が無数にある国の担当になった場合は、2ndテーマを課します。
      これはという店を理由を明示の上選定してください。
     C企画書を作成してください。以下の諸事項を記載します。
      対象国のトピック(その国の特徴、食文化など)
      日程候補(数パターン)、店情報(住所、電話番号、地図、諸事項)、集合時間等
      参加意欲をそそるべく魅力的で十分な量の紹介文を作成してください。
      WGT2実施において、WGT1の紹介文記載内容と被らないように作成してください。
      必要に応じてオプションプランを明示願います(遠地開催など)
      WGT2実施において、参加人数×1000円の会食費負担で紹介文の提示を免除します。

    D企画書を事務局へ送付してください。
      [補足1]該当国を網羅する店が見つからない場合事務局がお手伝いします。ご相談願います。
      [補足2]企画書の事務局送付は幹事決定以後一カ月以内と定めます。(実施有無ではありません)
      [補足3]事務局に企画書が一カ月以内に送付されない場合、罰則を課します。
             
開催時に会食費負担の罰則を適用します。
             負担額は、最初の遅延一カ月は参加人数×1000円。以降一カ月遅延毎に1000円/参加人数ずつ加算されます。
           
当規定は、一旦提出後の再提出遅延にも適用します。
  [第3項]
会員連絡
    @企画書を確認し、事務局と幹事で調整を行います。
    A案内発信可能状態になった後、事務局より会員に対してメール連絡し、参加者募集を行います。
  [第4項]
予約
    @メール連絡の結果を元に、必要ならば予約を行います。
    A予約の要否は幹事に任せますので必ずしも必須事項とはしません。
      但し、事故(休業だった、満席だった等)が起こった場合のリカバリ案を考慮しておいてください。
      その際は、どんな店でも結構です。皆に無駄足をさせないことを最優先してもらいます。
      当然ながら幹事は持ち越しです。
  [第5項]
会食
    @その国の文化の特性等事前勉強の蘊蓄を語ってください。
    A参加者に対してどのようなものを食すべきかエスコートしてあげてください。
    B参加者の蘊蓄を引き出すべく、会をリードしてください。
    Bお疲れさまでした。貴方のおかげで楽しい会食ができました。
      成功裏に終わった幹事ノウハウを役立てて、次回幹事のサポートでもしてあげてください。

●[第8条]店を選ぶ際の条件
  以下のような店の選定方法が見受けられる場合、企画を差し戻させていただきます。
  [第1項]
広義の解釈の企画
    ・場末のラーメン屋を中華料理とする類
    ・マクドナルドをアメリカ料理とする類
    ・その辺りのピザ屋をイタリア料理とする類
  [第2項]
アルコール主体の企画
    ・イギリス料理の店が見つからないから、スコッチを飲ませる店をイギリス料理とする類
      (もとより、私の主催サークルでアルコール主体の企画書が通るわけが無い!)
  [第3項]
多国籍料理の企画
    ・アフリカ料理、エスニック料理等と広い地域を網羅する店の類
     (但し、店の特性によっては認められる場合もあります)
     (どうしても見つからない場合は、企画の妥当性をご相談ください)
  [第4項]
日本料理あるいは日本料理もどきの企画
    ・いかなるフェーズであっても日本料理はNGとします。
    ・カリフォルニア巻きの寿司をアメリカ料理とする類
  [第5項]
   その他事務局の判断

  [第6項]
   WGT2において、WGT1で実施した店舗の選定はNGとします。
   (店舗の魅力に惹かれている場合は、WGT-EXTRAを企画し番外編として実施ください)
   但し、料理教室や大使館巡りの利用など、環境を同一としないものはその限りでありません。

●[第9条]WGT-EXTRA
  本割り(WGT通常実施の意)とは別に臨時開催としてWGT-EXTRAを開催することができます
  [第1項]
定義
    ・各フェーズと連動しない形で自由に企画できるWGT
    ・実施済みの国の再訪、国では無く地域をテーマにした開催などにご利用できます
  [第2項]
条件
    ・本割りの厳格運用を緩和して実施します。
    ・本割りの実施には影響しません(幹事指名やフェーズの縛り)
    ・WGTメンバ以外の参加を許容します(但しあくまでもWGT活動の一環として実施します)
  [第3項]
運営
    ・企画者を幹事とします
    ・本割りの厳格運用を緩和して実施できます(幹事殿の企画意図次第)
    ・幹事は企画の趣旨を明記した紹介文を事務局に提示します
     (本割りほどの充実さは求めません、参加メンバ募集用の案内を作成ください)
    ・その他の事務は本割りと同様です

以上

[TOP]   [INDEX]